秋晴れの日

2017/11/02 Thu 16:12

検査結果を聞く日はいつも朝から落ち着かない・・・

長~く感じる時間・・・・ドキドキしながらの電話。
結果を尋ねる弱々しい私の声(^^;
答えるコーディネーターの声。
「前回と同じでしたよ~」
(心の中)「やったぁ・・・!


ということで、今回も無事にクリアしましたm(__)m
この治験の点滴を始めてから、1年8ヶ月。何とかクリアできています。
2年目までクリアが一つの目標です。

検査の度に、それまでの不調があると気になるのですが、クリアできれば、それは次回あまり気にしなくても大丈夫という、目安になります。
CRPが基準値内ではあるけれど、ずっと0にはなりませんでした。それはちょっと気にしていました。
そして、最近ずっと腰(仙骨)が痛くて、実は一週間くらい前に近くの病院へレントゲンを撮りに行ってたり(;^_^A
レントゲンでは骨転移はわからないけれど、整形の医師と話ができ不安が取れたのは良かったと思いました。
(CTがあることを話して、「待ちきれなくて来たの?」と言われました。バレてましたw)

とりあえず、また3ヶ月が近づくまで、あまり考えすぎたりしないように過ごしていきたいと思います。


同じ腎がん仲間さんたちの、厳しい結果報告を聞くこともあり、私のクリア報告は・・とも思いましたが、オプジーボ治療の希望になることがあればと思い、記事にしましたm(__)m


見ていただき、ありがとうございましたm(__)m



20171102hiyo.jpg
住宅街でよく見かける、とても大きなうるさい声で鳴くヒヨドリ。
でもとても可愛いヒヨさんです。


スポンサーサイト
腎臓がん | コメント(14)

通院と秋の色

2017/10/26 Thu 11:42

ちょっと久しぶりになってしまったかな、最近はアメブロにもちょっと駄文を書いたりして(^^;


昨日の通院日、何事もなく終わりましたが、夏頃からビリルビン(総・直接)にHが付くようになってきました。
「このくらいなら問題なし」ではあるのですが、たまにγ-GTも変動したりして、今までの薬の蓄積のせいかな~と思います。

そして副作用の湿疹なのですが、ちょっと前に痒み止めの飲み薬が切れて、「まぁ、塗り薬があるからいいや~」と余裕こいてたのですが、もう痒くて大変になってしまいました。
温まると特に痒くなるので、お風呂のあとなどは掻き毟り(掻くのは悪いとわかっていてもやめられない)ミミズ腫れのような痕が何本も。キモチワルーイ

昨日の診察でやっと薬が手に入り、昨日の夜からまた飲み薬を使ったら、やはり少し楽になりました。
この薬(オプジーボ)を使ってる限り、私は痒みとは縁が切れないのだろうなと思います。
kusuri2.jpg
(アンテベートとリンデロンは主に痒みの強さで使い分けています)


看護師さんには注射のとき「カサカサしてるね」と言われ、「はい、心もカサカサしてます」というのは胸の中で答え、痒みの話をしたら、やはりオプジーボでは湿疹が多いとの事。
乾燥も多いようで、保湿剤をもらってるとのことでした。私も今度は保湿剤もらおうかな。

オプジーボといえば。
オプジーボの点滴中、向かい側のベッドにいるおじさんが(おじいさん?)が、看護師さんを呼び、
「オレ、ずーっと前からこの薬やってんだけどさ、何の薬だかわかんねえの。なんて薬なの?」と。
そしたら看護師さんが
「あらー、そうなの?この薬は“オプジーボ”というんですよ」
私は心の中で、(おじさん、私も一緒一緒(*^^)人(^^*)、と言いながら聞いていたのですが、
う~ん、自分がどんな薬を使っているのかわからず、治療を受けている人もいるんだなぁと知りました。
でも効き目があるから続いてるんだよね。


いつもはだいたい2時くらいに終了するのに、昨日はケモ室が混んでいたので、終わったのは3時。
帰りに円山公園によって撮影をと思っていたのに、きっと30分くらいしか時間がないだろうな・・・と悩みましたが。
結局、そのわずかな時間で行って来ました。
日が沈みかけるまでの30分では何ほども撮れませんでしたが・・・・



20171025ha11.jpg
う~ん・・・納得のいくショットは撮れず。今度はもっと早い時間に。(でもここの紅葉は終わりだな・・・)




20171025ha12.jpg
敷き詰められた落ち葉もなかなか綺麗で。




20171025ha10.jpg





20171025ha9.jpg
これは昨年撮ったイチョウ





20171025otiba.jpg



遊びにきていただき、ありがとうございましたm(__)m
10月31日はCT検査、無事に済ませてハロウィン(脅かし)やろうと思います。


腎臓がん | コメント(12)

治験の継続者は何人・・?

2017/09/13 Wed 17:26

不安定な天気の中、通院日でした。
(帰りは雨にやられました~。駅からは自転車なのでダダ濡れ

しかも、スマホを忘れていった!
検査結果待ちや点滴の長い時間があるのに、ヒマでヒマで~
(いかに自分がスマホ依存か思い知る)
点滴のときはテレビがあるのですが、私は昼間はあまり見ないので、院内のファミマで文庫本を買って過ごしました。(しかし読んでるとすぐ眠くなったw)


さて、前回のじじまるさんに教えていただいた、オプジーボとヤーボイの併用治験についてのお話をコーディネーターにしました。
まだ会社からの連絡はないということで今後どうなるか未定ですが、年内には治験は終わるかもね、と。目安としては半年くらいかな・・?ということでした。
今後、また新しいことがわかったらお知らせしますね(^^)ノ

で、前回の記事に書いた、「どのくらいの人が今まだ継続して治療しているか」

私の参加している治験は
未治療の進行性又は転移性腎細胞がん患者を対象に、ニボルマブとイピリムマブの併用療法とスニチニブの単剤療法を比較する無作為化非盲検第Ⅲ相試験(←長いね
の、ニボルマブとイピリムマブの併用療法のほうです。

この治験の日本での治験者は72人。その中で副作用や悪化などで中止になった人は47人。
まだ治療がつづいているのは25人ということでした。

その25人の中に私がいるのです(^^;
25人の中の何人がイピニボかスーテントかはわからないです。

この数字、ちょっと意外でした。もう少し多いかなと思っていたのですが・・・
だけど早期有効中止ということは、イピニボ併用は良い結果が出てるということですよね^^

コーディネーターは「Simcoさんは悪化ではなく治験終了でこの治験が終わりそうですね」と言ってくれました。
何とか最後まで続けたいものです。





2017913daizen.jpg
「ダイゼン」 
moonwalkしたら? とアホなことを思って作った画像(^^;


今日も来ていただき、ありがとうございますm(__)m



腎臓がん | コメント(4)

治験のこと。そして庭園

2017/09/11 Mon 16:56

ちょっとご紹介が遅くなってしまいましたが、じじまるさん「オプジーボとヤーボイ併用療法の治験結果について」の嬉しい記事を上げてくださいました!

私が現在、行っている治験、
「未治療の進行腎細胞がん患者に対して免疫チェックポイント阻害薬PD-1抗体オプジーボ+CTLA-4抗体ヤーボイの併用療法による第3相試験」
↑こう書くと何だか小難しいですが、「オプジーボとヤーボイの併用治験」です(^^
ヤーボイは4回の投与で終わり、後はずっとオプジーボのみの治療を2016年2月から受けています。

皆さん、じじまるさんのブログを見に行かれていると思うので、内容については書きません(^^)
明後日の通院日にコーディネーターに話をしてみようと思っています。
(多分、まだコーディネーターは知らないと思う。たくさんの治療を扱ってるしね)
早く皆さんが使えるようになるといいですね!(*^ ^*)

前回の診察時、コーディネーターに「この治験でどのくらいの人が中止になっているのか、パーセントでもざっくりでもいいからわかりますか?」とダメ元で聞いてみたら、コーディネーターが調べてくれるとL(・o・)」
ダメなこと意外の質問は、そのときにわからなくても、ちゃんと調べてくださるので、本当にありがたいです。
その答えも聞けるかなと思います。



L3.gif

話は変わり~

もうだいぶ前になるのですが、友人が「炭酸水を飲んでいる」と教えてくれました。
ただの炭酸水です。
私も興味をもち、飲み始めて・・・そのときからすっかりハマってます。(ハマーもハマってしまいましたw)
ただの水に炭酸だけ、これがとても飲みやすいのです。水だけだと大量に飲む気になれないのですが、炭酸があると飲めるんです。
味がないからどんな食べ物にも合う。今はかかせなくなってしまいました。
ところが・・・
ブームなのでしょうか?、気に入って買っていた炭酸水が売り切れ!!
店員さんに聞いてみたところ、ものすごく売れて商品が追いつかないのだそうな


コンビニなどでもいろいろなメーカーのが売ってるんだけどね(^^;
ネットで調べてみたら、ダイエットに使えるとか何とかが広まったようですね~




さて、二度目の話は変わり~、になりますが。
昨日の休みに庭園に行って撮ったショットを。
花やら虫(主にトンボ)やら、ハマーやら色々出てきますw
見てやろうじゃないか、の人だけ「続きをよむ・・」からどうぞ
>>続きを読む・・・
腎臓がん | コメント(8)

副作用の痒み

2017/09/01 Fri 19:15

8月30日の診察日に、改めて先生から画像を見せてもらって今回の結果を聞きました。
診察待ちのときにコーディネーターに「もしかしたら、もうこのままで変わらないかもね~」と言われました。
先生も、同じく全く変わり無しなので、このままかもね~とのこと。
私はそれで「全然良いです、このまま悪化しなければ」とお話しました。

本当にずっとこのままなら、いや、それはもうウザイがんではあるのですが、居候させてやってもいいか、と思っています。
できれば、一ヶ月に一度くらいのニボルマブになったらなぁ~とは思いますが

血液検査の結果も、前回の異常だった数値は落ち着き、γ-GTPだけ少し上がっただけで落ち着きました(^^)

さて、今回は副作用の湿疹、痒みについてのお話を。

最初の点滴(ノボルマブ・イピリムマブ・2月に)をやって、早い時期から体全体に湿疹がでました。
そのとき一番ひどかったのは、足や腕、お腹などでした。
飲み薬と塗り薬で夏頃までには落ち着いたのですが、今年の春からまた出ました。
今回は最初より範囲は広くないけど、痒みの強さは大きくなりました。

痒み止めの飲み薬は フェキソフェナジン。

塗り薬は アナミドール軟膏+アセチロールクリーム(混合)・アンテベート軟膏・リンデロン・ロコイド(顔) の4種類あります。

顔はこのように↓つける場所によって薬が違います。
kao.jpg

顔はプツプツができるというより、赤くなってヒリヒリしてきます。

体は痒みの強いところに混合薬、それよりちょっと耐えられるところはアンテベート、普通なかゆみにリンデロンです。顔はロコイド。今は両手両足とお腹、背中がひどいです。
顔以外はどれを使うか迷うときも(^^;
そんなんで、体中ベトベトですw

他に副作用と感じるのは多少の倦怠感、たまに腹痛くらいです(^^)

コーディネーターには、私のデータは知りたい人がいたら、何でも教えてあげてください、と言っています。
何かの役に立つなら、どんどん言ってもらって大丈夫。
コーディネーターはちょっとビックリ、ちょっとニッコリ^^

院内の先輩は2年で中止になってしまったけれど、私は2年超えを目指して頑張ります



2017901nobi.jpg
 
ノビタキの若。



2017901nobi2.jpg

ご飯を催促するも父は飛び立つ。
(photo by hummer)



今日もありがとうございましたm(__)m
腎臓がん | コメント(10)
 | HOME | Next »