腎臓がんのこと・・・10

2016/04/21 Thu 09:19

20日の昨日は診察日でした。
泌尿器科の診察を受ける前に、皮膚科の診察。
前回との比較で、この湿疹は副作用ということになりました。
飲み薬で痒みは押さえられていますが、湿疹そのものは治ってないので薬が変わりました。
また薬が効かなければ、次回は組織をとって効く薬を探すことになります。
皮膚科の先生は話しやすく、皮膚がんでのニボルマブ使用が行われているので質問もしやすいです。
今、何人くらいニボルマブで治療している人がいるのか?と聞くと、20人くらいとの事。
そのうち効果があるのは2~3割とのことでした。
ただ投与後、前より少し腫瘍が大きくなっていても、逆に少し腫瘍が小さくなっていても、変化なしという結果になるそうで、少しでも小さくなっている人を入れると、効果のある人の割合はもう少し多くなるようです。
どんな副作用が多いか?と聞いたところ、甲状腺機能障害、肝機能障害、そして間質性肺炎。
ただ、この病院では間質性肺炎の副作用は出ていないとのことでした。
ニボルマブ使用での患者さんを診ているせいかもしれませんが、泌尿器科の先生よりとても熱心に経過を診てくれます(^^;
湿疹の副作用の出ている人は効いてる人が多いから、良くなってるといいねと、来月の検査にも関心をもってくれています。
どんな人が効きやすいなどということは、まだわからないようです。

血液と尿検査などの結果は前回と変わらず異常なし。

点滴は今回で4回目になり、イピリムマブは最後です。
今後はニボルマブだけの投与になり、3週間おきだったのが2週間おきになります。
コーディネーターに、もし予定日に点滴できないときがあったら?と聞いてみたところ、投与の延期は2日までで、前倒しはダメ、延期のみとのことでした。
お正月休みのときなどは調節が入るようですが、2日間の猶予しかないのはちょっとびっくりでした。
カレンダーを見せてもらったら、12月まで2週間ごとにニボル日がずらっと並んでいました


次回は5月11日に点滴、一日置いて13日にCTを撮ります。
薬を使い始めてからの初めての結果ですが、その結果を知るのはその次の外来(点滴)のときになります。(何か特別悪いなどのことがあれば早く連絡があるようですが)
良くなっていなくても現状維持ならいいなぁと思いつつ、とりあえず連休中はあまり考えずに、鳥見や行楽に行きたいと思っています。



ランキングにも参加しました、よろしくお願いします(^^)




スポンサーサイト
腎臓がん | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示