ちょっとだけ副作用情報

2016/07/14 Thu 17:01

近くの公園の池にハスの花が咲いていました。
毎年咲いていて、バン(鳥)が営巣したりもしますが、水は綺麗じゃないんですよね(^^;
それでなるべく花だけ見えるようにw

2016714hasu.jpg


ここ↑の水は綺麗じゃないですが、綺麗な水のハス池もあります。
こんなハス池にはカワセミがいたりします。

2016714kawasemi1.jpg


カワセミ
17センチくらいの大きさですが、色が鮮やかなので、遠くからでも見つけやすいです。
バードウォッチングにハマっていくきっかけはこの鳥が多いようです(^^)

2016714kawasemi2.jpg




-副作用の情報-

治験について何か更新があると、その都度更新されたプリントや冊子をもらいます。
ニボルマブ単剤使用で、副作用10%以上は下痢、疲労(無力症含む)くらいです。
0.1%以上10%未満だと、かなりいろいろあります。
重篤なもの・・・肺血症性ショック、ギラン・バレー症候群、腎不全、膵臓炎、呼吸不全、呼吸窮迫症候群、血管障害など。

これはメラノーマと肺がんの治験の数値ですが、参考までに。
2016714tiryou.jpg
 
自分自身の副作用は、疲れ、だるさ、食欲不振などがありましたが、今はなくなっています。
これは副作用か?自分の体調か?思うような副作用はたまにあります。
ですが、今のところ重くなるものはなく、普通に生活で来ています。
(あまり何もないと効いてないのかな~とも思ってしまいますが(^^;)





チョコレート工場(ロイズ)のローズガーデン。
私は女性にしては珍しく(多分)、大輪のバラや普通のバラに興味がなかったりしますが、
ミニバラは可愛くてわりと好きです。

2016714hana4.jpg


見ごろはもう終わりに近いようでした。
2016714minibara1a.jpg



次回の診察では皮膚科の診察もあるので、また何かニボルマブの情報を聞くことができるかもしれません。


見ていただきありがとうございました。



応援をありがとうございます !



スポンサーサイト
腎臓がん | コメント(2)
コメント
副作用
肺がんの患者さんがニボルマブとタグリッソと言う薬を併用すると、重篤な間質性肺炎をおこす事があって注意を促しているようです。
医師でもわからない事が多いみたいですね。まぁ使われて間もないので、肺がんの患者さんは人数が多いので特に注意が必要なんですね。
Simcoさんのように、ちゃんと管理された中で使われていると安心です(^ ^)

北海道もハスの花が咲いてるんですね(*^^*)
蕾があるので、これからも楽しみです。

カワセミ、色が綺麗です。バードウォッチングにはまっていくと言うのが良く分かりますよ♪( ´▽`)
じじまるさんへ
じじまるさん、こんばんは。いつもありがとうございます。

間質性肺炎の副作用の話は聞きますね、あとⅠ型糖尿病もありますね。
承認されている肺がんなどでは、先に抗がん剤を使っていたりすると、副作用の出方がまた違うようですね。
私は何かあってもなくても、どうなってるんだろう?と思ったりします(^^;
やっぱり泌尿器科では治験なので、私から何かを言ってくるのを待っているというか、こういうのがあれば気をつけて、のような話はあまりありません。
渡される冊子に書かれている副作用などを確認してこちらで聞いていく感じです。
もう何人もこの薬を使っている皮膚科の先生のほうがアドバイスは多いし、情報量もあります。
泌尿器科の先生よりコーディネーターのほうを頼りにしてるところもあったりです(^^;

>ハス
そうなんです、これからもっと増える時期です^^
じじまるさんが撮られたような、綺麗なハスを撮れたらいいのですが。
カワセミはカワセミブルーという名があるほど、青い色が綺麗です(^^)

管理者のみに表示