やるせない

2016/09/05 Mon 16:09

PCに向っていないときには(例えば掃除をしているときなど)、書きたい言葉が頭の中に溢れるように出てくるのに、いざキーボードに向うと何も書けなくなる(汗
メモしたりもするけれど、なんだか緊張するのか?メモした言葉を上手くつなげられず、マトモな文章が作れず。
しばらく画面とにらめっこ、そして、ちょっと気分転換に他のところを見ようか~なんてやってて、結局更新しなかったり、コメントやメッセージを書かずに終わってしまったり。はぁ~~(;-_-;)
思ったことをスラスラ文字にできる、文章力のある人が本当に羨ましい・・・
野鳥と病気のブログを分けたら、どっちも中途半端だったり時間がかかったり、モロに不器用さが出てるし(何とかせねば・・)


先週の土曜、日曜、以前から何度も鳥見に出かけている場所に行ってみた。
台風の被害に遭い、橋が流されていたり、木が倒れ様子が変わってしまったところが何ヶ所も。
の地形も変わっていたが、たくさんのカモメたちは別の場所に移って、同じように過ごしていた。


2016905umi1.jpg


帰りはちょっと辛いことがありました。
これは鳥見などをして、自然の中やあちこちへ出かけていると、誰もが一度は経験すること・・・・

運転中のハマーが前方を見て、「何かいる」と言い、私が双眼鏡で確認。
大型だとキツネだったり、キジだったりすることがあるが、、、昨日はだった。
少し歩けば農家があるけれど、どう見ても野良
保護したい!という衝動に駆られる、でも今はやっぱり出来ない・・・(病気もあるけれど、他の事情もあり)
見捨てたまま帰ってくると、3日くらいはこのことが頭を占める。昨日は夢にも出てきた。
保護しようとしたら、素直に来ただろうか?逃げただろうか?など、さまざま頭を掠める。
特に人気のない場所にいるノラには本当に心を痛める・・・キツネの被害に遭う場合もあるし、生き延びることは出来ないだろう。とぼとぼを歩いていた姿が頭から離れない・・・
ああ、早くブームなんて終わってくれ!、ブームになった生きものは絶対悲惨な目に遭うから・・・
可愛いというだけの、安易な気持ちで飼わないで欲しい(ブームになる前からも捨ての数は多いのですが・・・)
すみません、つい吐き出してしまいました(;-_-;)

昨年の7月に腎臓がんの手術をしましたが、その6月に自宅近くで親と子を保護しました。
人を見ると逃げる猫で捕獲に手間取り(ボランティアさんの助けあり)、そして里親探し、入院まで間に合うか焦りました。
今は、その親猫も子猫たち(もう大きくなりましたが)、それぞれの場所で幸せに暮らしています。

保護時の記事と写真

病気がもう少し回復し落ち着いたら、猫ボランティアの活動にもう一度関わりたい思いがあります。



ブログ村Ranking
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓がんへ
応援をありがとうございます

スポンサーサイト
雑記 | コメント(4)
コメント
ありがとう!
simcoさん、こんばんは。

この夏の台風の爪痕は、
まだ多く残っていますね…
simcoさんのお宅は大丈夫でしたか?

海の鳥たちの逞しく生きている姿を
見せてもらって感動して、
猫ちゃんについての記事では、
うん…うん…と頷きながら切なくなりました。
ブームになった動物は不幸になる。
と言うのも、うん…うん…です。

先日亡くなった、ウチのジジとモカも里親探しで出会ったので、ウチに来た頃はノラちゃん気質たっぷりでした。だけど愛情が全てを変えてくれました。

猫ボランティア…
気持ちが落ち着いたら、
私も参加してみようかな。

素敵な写真と記事をありがとう(*^_^*)
mokaさんへ
mokaさん、温かいコメントをありがとうございます。

うちの方は被害を免れましたが、今また違う地域が・・・
本当に今年の天候は異常だと感じます。こんなときは生態系の変化も出てきて、この先の季節はどうなるかな?・・とも思ったりします。

mokaさんの猫さんたちも里親探しで出会ったのですね^^
うちの愛猫も里親探しでした。
mokaさん、まだまだ悲しみは癒えないですよね、、、わかりますよ
私はもうすぐ2年になりますが、今も泣けます。
1年間は毎日泣いていました(^^; 時薬を使っても時間がかかりますよね・・・

こちらでの猫ボランティアには、里親探しまでの一時預かりや子猫の飼育(ミルクやりなど)、保護した猫の世話など、いろいろあったりします。
mokaさんのところでも、同じような活動があるかな?
参加できそうなものが見つかるといいですね(^^)

こちらこそ、見てくださってありがとうございましたm(__)m
こんばんは。
台風の爪痕が残って痛々しいですね。
今年は異常気象で、これから後もどうなるのか不安になります。
そんな中、カモメたちが無事に戻って、可愛らしいオオハムが姿を見せてくれてほっとしますね。

可愛そうな猫を目にすると、心が痛みますよね。
私も先日、海で数羽の野良ネコを見ましたが、その中の1匹の子猫が鳴きながら私の所へ走って来て、車の下に入って座り込んでしまったのです。きっと連れて行ってほしかったのだと思いますが…連れて帰るわけにも行かず、家に帰ってからも思い出していました。ただ子猫が辛い思いをせず生きられることを祈るしかありませんでした。
Simcoさんが、昨年保護された親猫と子猫が今は幸せに暮らしているとのこと、本当に良かったです。
kogamoさんへ
kogamoさん、いついもありがとうございます。

本当に今年は異常気象で、今後もどうなるのだろう?という気象です。
野菜などの値段の影響も出ていたりしています。
kogamoさんの方は大丈夫なようで良かったです^^

>海で数羽の野良ネコ
心が痛みますね・・・読んでるだけで泣けそうになります(汗
人間以外の生きものの環境を、もっと政府で考えてくれないかなと思ったりします。

オオハムを見ていただき、ありがとうございます。
鳥ブログのほうにちゃんとアップしますので、良かったら見てやってください(^^)ノ

管理者のみに表示