6日の検査結果

2016/09/08 Thu 15:30

9月6日はCT検査の日。
友人とランチして車で送ってもらって病院へ。
(3時からなのですが、早く着きすぎて院内のスタバでネットをしながら時間つぶし。いつも3時くらいの予約なんです。午前中はほとんど予約が取れないらしい)
1ヵ月半ごとの検査だともう慣れたもんで、緊張しない分だけ、あっという間に終わる気がします(^^
注射も診察日だと、点滴かねての少し太い針を使うので痛いですが、造影剤の注射は楽です。

以前にもちょっと書きましたが、検査結果は普通、次の診察時なのですが、私は先にコーディネーターに電話して聞いてしまいます(^^;
先生が画像を見るのは翌日の午後と聞いたので、2日後に電話で聞いています。
さっき、電話しました~、今回は変化ナシです。
1ヶ月半しか経っていないので、変化なしの結果を聞けて良かった、という感じです^^
とりあえず次回の診察、次回の検査まで、またいつものように過ごせて治療できることに感謝です。



b_illust_60_0M.png





キビタキ 5月撮影


-鳥見(バードウォッチング)のお話-

私は鳥見を初めてまだ7年ほどですが、最近は新規のバーダーさんが多くなったなと感じます。
一眼レフの普及もすごいです。気軽に撮ってブログ、という楽しみ方が増えたこともあると思います。
そこで問題になるのが鳥見、撮影のマナー。

鳥を脅かすことなく遠くから撮れる、ということで、望遠の長いレンズ(大きいのは大砲と呼ぶw)を持っている人が多いですが、それでも鳥の近くに行ったり、良い場所で撮りたいために、近くの樹木を痛めたりする人がいます。
餌付けで鳥を呼び出し撮る人、営巣している近くまで行って撮影し親鳥は巣を放棄、なんてひどいことをする人もいます。そこまでして撮った写真にどんな価値があるのか・・・

そして、鳥や自然に対してだけじゃなく、
他所の敷地に立ち入ったり(住民とケンカした人がいる)、ときには場所争いでバーダー同士のケンカや、珍しい鳥が来たときは、迷惑になるような場所に三脚を置いたりする人がいます。
先日は、公園で撮影していた人が、ウォーキングで通りかかった人に、「鳥が来るからここを通らないでくれ」と言った人がいると聞きました。なんて自己中のアホバーダーでしょうか!
私も公園で待っていた鳥が「来た♪」と撮ろうとしたとき、人が通りかかって飛ばれてしまうという経験は何度もしていますが、そんなことは仕方ないと思っています。公園ですから当たり前です。

いろいろ書きましたが、マナーの悪いバーダーが多いわけではありません、ごく一部です。
どうぞマナー違反のバーダーを見かけても、鳥を撮る奴ワルモノばかりとは思わないでください<(__)>


見ていただき、ありがとうございますm(__)m


ブログ村Ranking
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓がんへ
応援をありがとうございます
スポンサーサイト
腎臓がん | コメント(10)
コメント
変化なしで🎶
良かったです(*^^*)
縮小すればなお良いのですが、がんの治療は現状維持はOKですね(*^_^*)
このまま治療を続けていって、ず〜っと大人しくしてくれてれば嬉しいですよね。
副作用も無いようだし、本当に良かったと思っています\(^o^)/

無神経な鳥見の方と同じ様に、お寺さん巡りをしていても自己中な方がいます。
お寺の方が、「庭に降りたら写真は撮らないで下さいね」と言っているのに、ヘーキのへの字で写真を撮りまくる人います。
そう言う人がいるから、非公開になって拝観が出来なくなるのに。

私、そう言う人には必ず注意しちゃいますが、、、😅
変化なし
引き分けは、勝ったと同じ(笑)
良かった良かった♪

北海道の大雨災害に心を痛めています。
被災した方には申しわけありませんが
道央はこちらよりひと足早い秋が楽しめる季節。
中山峠から、羊蹄山にかけて
桂沢、栗山、夕張あたりの山など、これからは紅葉が良いでしょうね~

ニボさんの活躍に感謝しながら鳥見で自然を満喫、ですね(^o^)
変化なしは勝ったと同じ!
そうですね!

現状維持は勝利!ですね!

良かった良かった!

効きさえすれば、こんな頼もしい薬はないですよね(^-^)

他にも免疫系の薬がどんどん出て来ているし、(めっちゃ高いから保険との兼ね合いがどうなるかわからんけども(^^;)

「自分にも効く」とわかってたら、すぐにでもニボルマブにし欲しいなー!



ニボルマブが承認されて、Simcoさんが希望の星になってきましたね(*^^)v
厳密には、Simcoさんは、イピリムマブもやったのだけど・・・

でも、ニボでの現状維持はみなさんの希望につながっていますよね
その分、応援も熱いですから!すんごいパワーが北海道まで飛んでいってる事でしょう♪

写真は素人すぎる素人ですが、Simcoさんの写真には「愛」を感じますよ!
待ってた鳥さんが来てくれた時の「よくきてくれたね」って気持ちとか
こっちを向いてくれた時の「ありがとう」とか 感じます。
そしてとっても癒されますよ。
素敵な趣味です~~~
じじまるさんへ
じじまるさん、ありがとうございます!

短い期間での検査なので、変化なしの結果でも十分嬉しかったです。
副作用がなく、普通に日常生活を送れるのでありがたく思っています。
気長~に、ゆっくり退治してやろうと思っています。
お互い、頑張っていきましょうね(*^^)人(^^*)

無神経や常識なしはどこにでもいますよね(`Д´)
じじまるさんは、きちんと注意されるのですね、えらいです。
私は怖くて(;-_-;)・・そういう人はわかっててやっているので、開き直った返事が返ってきます。
挨拶しても無視とか、関わると気分の悪い人もいたりします。

ほんとに、一部の非常識が原因で規律が厳しくなったり、不自由になったりしますね、困ったものです・・
shiro-ouさんへ
shiro-ou さん、ありがとうございます!

ほんとに引き分け勝利で嬉しいです、安心しました^^
同じく治験をしている人が、最初の一度の縮小だけでも安定しているという話を聞いているので、焦る気持ちがないのかもしれません。
先輩がいるというのも私にはラッキーです。
shiro-ouさんの薬の効果も持続して効いていってくれると良いですね、応援しています!

未だに洪水情報が出る状況です・・早く終息して良い秋が来て欲しいです。
2日くらい前から急に涼しくなりました。
紅葉のきれいな時期が楽しみです^^(でもその後は雪だぁ・・・)
makotoさんへ
makotoさん、ありがとうございます!

勝利言ってもらえて嬉しいです^^
そうですね、悪化がなければ勝利と思って今後も継続したいと思います。

>他にも免疫系の薬がどんどん
キートルーダ、デュルバルマブ、トレメリムマブ、アベルマブ・・・、名前は聞きますが、副作用の問題が気になりますね。
安全性があって副作用の少ない薬が待ち遠しいです。

承認されても、すぐに変薬は難しいのですよね
分子標的薬後のニボルマブの効き目がどうなのかも気になります。
検査でわかるようになるといいのに。
makotoさんとニボルマブ繋がりにならないかな~(’-’*)
はじめまして!
ここでは はじめまして!

「変化なし」は、世間一般では「もう一つ」、時に「もう二つ! もう三つ!」ですが、
病をもつ者にとって「変わらない=悪くなっていない」ほど嬉しいことはありませんね。
まずは安心、ほんとうに良かったですね。

「先にコーディネーターさんに結果をきける」っていいですね。
私、一昨日14回目の術後検診を受けましたが、
いつも 最悪~最良まであれこれ診断結果を想定、主治医への質問等を準備します。 
ですから緊張がピークを迎える当日の待ち時間30分ほどの間にくたびれ果て
主治医から「再発転移の兆候を認めず」と告げられるや 「もうどうでもえぇ」(笑)
そして後になって「アレを訊けばよかった」「コレも...」と後悔します。

私、鳥のことはさっぱりわかりませんが、キビタキの美しい姿、暫く見とれました。
Simcoさん、素晴らしい世界をもっていらっしゃいますね。
マナーの悪いバーダーさんも、すごい!ショットを撮りのがし 悔しさの余り!とか...?
まあ 本末転倒も時にはご愛嬌でありましょう。 

医療の進歩はほんとうに心強く思います。
Simcoさんのますますのご活躍とともに、治療が上々に運びますよう心よりお祈りします。

himikoさんへ
himikoさん、ありがとうございます!

>希望の星
なれたらいいんですが(;^_^A
流れに身を任せるような経過で、あまりニュースもなく申し訳なく思います。
参考になりそうな話は積極的に聞くつもりなので、himikoさんが気になることがあったら教えて下さいね。

いや・・・照れますなぁ汗(←褒められるのに慣れてない)
長くやってても上手く撮れないことがしょっちゅうで(汗
ゆっくりこっそり隠れながら近づいて、よし、この辺だ!と思ったときに“ポキッ”と枝を踏んで飛ばれたり、カメラを向けたときにはいなかったり、そんなやらかした話には自信があるのですが。
素敵な趣味と言ってくださるのはとても嬉しいです。生きもの達に癒しをもらっています。
そして、同じ病気の方々にも・・・
himikoさんにも。本当にいつもありがとうございます(感謝)
デ某さんへ
デ某さん、お越しいただきありがとうございます!

変化なし」はありがたいと受け止めています^^
やはり、悪化の不安はいつもあるので、とりあえずは一安心です。ありがとうございます。

>最悪~最良まであれこれ診断結果を想定
このお気持ち、すごく良くわかります。私も同じです。
こう言われたら何を聞こうか、とか、心の準備を万端にしようと考えます。そして同じくそのときまでに疲れてしまいます(^^;
私は検査の間隔が短いので、しょっちゅうこの緊張を味わっています。
最初はコーディネーターが普通に教えてくれると思わなかったので、「電話でこのまま治療を続けられるかだけ、教えてもらえますか?」と聞いてみたんです。結果どうでしたか?は無理と思ったので、これだけでいいと思ったのですが・・
あっさり縮小した数値まで教えてくれるので(^^;、これはありがたいです。

写真を見ていただき、お褒めの言葉もありがとうございます(照)
生きものとの出会いに癒しをもらっています。そして、
デ某さんのブログ村のアイコンのにゃんこが可愛くてたまりません!あのポーズ、本当に可愛い(^^)

ブログ村からの返信を読ませていただきましたが、やっぱり腑に落ちません。
まっとうな腎がんのブログであり、楽しみにされている読者のかたがたくさんいるのですから、それをちゃんと解っていただきたいですね。

管理者のみに表示