部位でいろいろ?

2016/09/16 Fri 16:20

先日、友人の家に遊びに行った際、友人の読んだ本に“ストレスとがん、その部位の傾向について”が書かれていたと聞ききました。ちょっと興味深かったので、その後調べてみました(~_~;)

右乳がん-家庭内問題で強いストレスを抱えている人が多い
左乳がん-体を酷使した経験のあった人が多い
肺がん-がんに対しての恐怖心が他のがん患者に比べて非常に強い
胃がん-仕事や運動に頑張りすぎの人が多い
直腸~S状結腸がん-金銭に対するストレスを持つ人が多い
下行結腸~上行結腸がん-肉体的ストレスを持つ人が多い
・・・とか。
当たっているかはわかりませんが・・・


友人のご主人は直腸がんで、がんがわかったときは、仕事上での金銭問題があったようです。
あ、そして胆のう、胆管がんになるのはとにかく優しい人らしいです。

で、肝心の腎臓がんですが・・・わからない!(^^;
やっぱり少ないがんだからでしょうか、でも最近腎臓がんになる人増えたと聞きました。
腎臓がんは何かなぁ・・?気になります





話は変わり~


『鳥見のきっかけはアオサギ』

鳥見を初めて7年になりますが、きっかけはハマー(夫)が腰の手術をして、リハビリで1ヶ月間一緒にウォーキングしているときに、たまたま見つけたアオサギのコロニー、そのときに見たアオサギが怪鳥のように見えて興味を持ったのが始まりでした。
最初は双眼鏡→図鑑を買いチェック→それからとりあえずのカメラ、レンズを買う→カメラ、レンズを買い換えて遠征などへ、という経過です。

鳥ブログの最初には、こんな記事を載せていました。



2016916aosagi1.jpg
2016916aosagi2.jpg

おバカな記事なのですが、今でもこのときのアオサギは面白かったなぁと思い出します^^


見てくださりありがとうございました<(__)>




ブログ村Ranking
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓がんへ
応援をありがとうございます

スポンサーサイト
腎臓がん | コメント(7)
コメント
なるほど…
がんの部位で色々あるのですね。
ちょっと不謹慎かも知れませんが、
「がん占い」といった感じなのでしょうか?

腎臓がんは、
やっぱり希少なので分からないんですね…
でも、私には分かります!

腎臓がんは…
「思いやりがあって優しい人」だと思います。

アオサギくん…言われてみれば怪鳥ですね。
強風になびく毛が…(笑)
彼らの真剣な眼差しとのギャップに
笑わせていただきました(^_^)v
mokaさんへ
mokaさん、コメントありがとうございます^^

これはイギリスの臨床心理学者と日本人の博士によっての研究のようです。
こんな研究もあるのですね。

>腎臓がんは>思いやりがあって優しい人
mokaさんはじめ、皆さんそうだなと感じます。
がんになるのは嫌なことだけど、良い方たちとの巡りあいがあって、これはとても嬉しいことでした。

>アオサギ
面白いでしょ?(^^)
アオサギはどこでもよく見かけますが、面白いショットを撮らせてくれることもあり、いつもカメラを向けてしまいます。
面白いのが撮れたらまた見てくださいね(^^)ノ
No title
(・´艸`・)・;゙.、ブッ

(((*≧艸≦)ププッ (((*≧艸≦)ププッ 

アオサギ最高!!
Simcoさんのアテレコ最高!!
「もうどうでもいいわ」って本当に思っていそうwww

面白いなぁ~ Simco劇場v-344


左乳がん-体を酷使した経験のあった人かぁ・・・
酷使ねぇ・・・・・夜通し飲んで遊んで仮眠して仕事行ってたからかなぁ??

himikoさんへ
himikoさん、コメントありがとうございます
良かった~、笑ってもらえましたか、嬉しいです^^

治療の息抜きにと思ったりして古い記事を持ってきましたが、こんなのでも良いのか?と気にもなったり(;^_^A
病気になってからあまりフザけてなかったけれど、たまに復活しようかなw

>夜通し飲んで遊んで仮眠して仕事
バイタリティあるなぁ~、あと海もですよね?v-227
私は20代でもうダメだった・・・

今でもその頃の活気が腎臓がんに関することでも発揮されてるとわかります。
これからも頼りにしていますよ(^^)v-91
鍵コメさんへ
鍵コメさん、このコメントに気づいていただけたら・・と思いながら書いています。

Gさん、こちらこそ2回にわたり温かいコメントをくださってありがとうございました。
そして、鳥が癒しになるとおっしゃってくださって、とても嬉しかったです(^^)

たくさんのお気遣いの言葉もありがとうございました。
いつかブログなどでまたお話できることを楽しみにしています。
ゆっくり体力を回復されて、この先も良い状態で過ごされますよう、心から願っています。
部位でいろいろ サギもいろいろ
「部位でいろいろ」に、「血液のがん」の場合はどうなんだろうなぁ?と
もしかして...なんでもあり!なのでしょうか?

腎臓がんに関するmokaさんの考察、なるほどなるほど...。
mokaさん、Simcoさん、himikoさん...疫学的に 正解!だと思います。

ワタクシですか? 控えさせていただきます。
「ちがう!」って言われてmokaさん学説の信憑性に疑念をもたれてはなりませんので。

ところで アオサギくんの感電!ヘアースタイルにひっくり返りました。
でも アオサギくんて人間にもいるそうですね、「不動産を騙し取る」サギ師さん。

他にもアカサギ(結婚詐欺)、シロサギ(現金詐欺)などサギ師もいろいろ...。
でも 良くしたもので詐欺師を騙す「クロサギ」というサギ師もいるそうです。

では最後に 私のURL欄に貼ったリンクで一曲おたのしみくださ~い。
デ某さんへ
デ某さん、コメントありがとうございます

がんの種類はたくさんあるので、全部は無理だと思いますが、腎臓がんくらいまではあって欲しかったです、残念(´д`)

いえいえ、デ某さんはmokaさんの考察どおりの方だと思いますよ、優しいお言葉をたくさん拝見しました。

>サギ
人間のサギはロクでもないのが多いですねぇ~
鳥のサギはエライ迷惑だと思っているかも(~_~;)

>曲
なるほど、部位いろいろ、人生いろいろ、上手いですねー!
私たちには「腎生いろいろ」でもありますね

管理者のみに表示