今回も鳥やら趣味やらの話なので、また見ていただくだけの記事になります
お時間があって、見てやってもいいかと思われましたらお付き合いくださいm(__)m

先日、庭のバードテーブルに餌を入れようと外に出たとき、木材のヘリにうっすら積もった雪の上に立ってスベって転んでしまった。
とっさに着いた手がヒリヒリ痛い~(手首も湿布。情けない・・・・)
年をとると骨も弱くなるのでw気をつけねば

今年もハマーがバードテーブルを補修して出したのですが、まだスズメやシジュウカラ、先日は一羽だけシメが来て、あまり珍しい方々は来ていません。
それで、今まで撮ったなかからピックアップ


20161118niwa6.jpg
ヒマワリの種はホームセンターで買ってきますが、アカゲラ用の脂身はスーパーからもらってきます。
アカゲラの写真のときは大雪で、餌の枝はかなり高いところなのですが埋ってしまっていますw


20161118niwa2.jpg
まだまだお客さんはいるのですが、次回にでも~


b_illust_60_0M.png


ちょっと変わって、今度はカモ。クロガモというカモです(オス)
これは怖い顔に見えますが(^^;、本当は可愛いです。黄色のクチバシが特徴で遠くからでもわかります。
20161122kurogamo1.jpg


こちらはクロガモのメス。
20161122kurogamo2.jpg
2羽ともホッキ貝をとったところのショットですが、こんな大きな貝を丸呑みするんですよ~
(クロガモ撮影・ハマー)

食べた物をすりつぶし、消化吸収しやすくする砂のう(胃)が発達しているので、貝も丸呑みにしてしまいます。
これが「砂肝」の由来だそうです。


さて、今回は自分のHNの“Simco”について書こうと思います。
そんなのどうでもいいわい!と思われそうですが(~_~;)

長くなると思うので、『続きを読む・・・』で、見てくださいね~


(11/23) 拍手、拍手コメントを下さった皆さん、ありがとうございましたm(__)m



ブログ村Ranking
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓がんへ
応援をありがとうございます




見に来ていただき、ありがとうございますm(__)m


まず、名前のSimcoの由来ですが、アメリカのPCゲーム「The Sims」からきています。
日本でのゲーム名は「シム・ピープル」といいます。懐かしい!と思う人いないかなぁ?いないよねぇ(^^;

私は実は昔ゲーマーだったのです(^^; (あっ、引かないでください~~)
今はスマホのゲームをちょこっとくらいですが、昔はファミコンから始まり、いろんなゲーム機器も持っていました。
PCを買ってから、PCのゲームをするようになり、このThe Simsは運命的な出会いというかw
今もシリーズは続いていて、4作目になっていますが、私は4作目はほとんどやってないです。


シムピープル(原題は"The Sims")
↓wikiから拾ってきました。今から16年前のゲームなのですよね~
初リリース日: 2000年2月4日
シリーズ: シムピープルシリーズ
デザイナー: ウィル・ライト
開発元: マクシス
販売元: エレクトロニック・アーツ


●人種、性格、年齢層、性別などを設定する。住居の購入・増築・家具の配置もプレイヤーが行うことができ、シムを住まわせてプレイする。
●プレイヤーはシムに食事や入浴や就寝、コミュニケーションなどの日常生活の行動に指示を出し、就職、恋愛、結婚、出産などの出来事をシムを通して体験してゆくのがゲームの目的である。


箱はこんなのでした。16年も前ですので、2Dです。
そして、箱の下の画像ですが、私はこのゲームで使用するスキン(洋服)を作っていました。

HPを作り、作ったスキンを無料配布していました。
このようなシムサイトは世界各国にたくさんありました。
洋服以外、ゲーム内のオブジェクト(家具や建材)、家やシムスキン(シム本体?)などを作成している人たちがいました。
20161122sim.jpg



シムサイトをやっていたときのHPのトップ、これは11月のとき。
「The Sims Small Town」という名のサイトです。
海外からのお客さんが多いので、コンテンツ等は英語でした。
20162002_11.jpg

コンテンツの中に「Gallery」がありますが、私はこのギャラリーで画像を合成して遊んでいました。
その時の名残がいまでもあり、ときどきフザけた画像を作りますw
画像合成は、当時いろいろあった写真サイトさんから了解をとりDLさせてもらい、ゲーム内のスキンと合成させて作りました。
ゲームスキンには、シムの顔や髪型をつくるとても素敵なクリエイターさんがおり、許可をいただき、私が作ったシムの服を着せて画像を作りました。

例えば、合成画像はこんなかんじです。


20161122worldhouse1.jpg
手前にいる男性がシムです。
実写の画像を使い、そこにいる人物や背景にシムを入れ、なるべく違和感を少なくするような画像を作るのが好きで作っていました。

あ、そうそう、肝心の名前の「Simco」ですが、
オブジェクト作りの素晴らしいアメリカのサイトさんに「Simco homes」というのがありました。
そのサイトさんが閉鎖され、そこからいただいたSimcoです。
Simko(シムコ)を変化させた名前ではありません、どうぞよろしくです<(__)>

長くなりましたが、このシムのことになるともう少し長くなります(歴史があるものでw)
次回でもまた、「続きから」で画像など出したいと思います。
良かったらまた、お付き合いください(^^)

スポンサーサイト
野鳥
« ちょいワル | HOME | 準備中 »