12日は通院日でした。
今回の検査も無事に終わり、いつものようにニボルマブ(オプジーボ)の点滴をしてきました。
もう一人の治験の人が中止になったことについて、コーディネーターに、(私と同じような)影になるくらい小さくなっても拡大したのか?と聞いてみました。
そうだという話でした。今の状態でもやはり安心はできないのだな、と思いました。

今回は皮膚科の診察もあったので、久しぶりに皮膚科の先生にも話を聞いてみました。
あくまで皮膚がんでのオプジーボの話ですが、転移の状態が0になった状況からの再発はないそうです。
そして、一度拡大しても、その後に放射線や抗がん剤を使ったあとに、またオプジーボを使ったら再び効果が出たということがあるそうです。
私の状況では0はまだまだですが、もし拡大しても他の治療を行い再びオプジーボという手もあるかな、と思いました(治験はなくなりますが)


L3.gif


(沖縄)

ザトウクジラに今回は何とか会えないかと、初日に那覇を入れました(クルーズは次の日)

今回は今までの船の中で一番揺れました(^^;
船の2Fに行ったのですが、沖に出てすぐさま水しぶきで腰から下がズブ濡れ。
一応合羽は着ていても、そんなんじゃ間に合わないほど。つかまっていても体勢が取れないほど揺れました。

しかし、今回は何度もテールを見せてくれるザトウクジラに会うことができました。

2017414zatou2.jpg




2017414zatou1.jpg
テールの2枚はハマーが撮ってくれました。
私はひたすら双眼鏡で見るのみ



前ばかり気にしていたら、突然横に背中が!
慌てて撮ったので上手く撮れず
2017414zatou3.jpg

帰りの船はもっと揺れて、大きな水しぶきに船の後方で自撮りをしていた中国の女性の方が頭から水浸し(^^;
それと何人かの乗客がゲロ袋を使用。
今までで最高の揺れと水しぶきでした(ハマーと私はどんな状態でも船は大丈夫)


L3.gif


こちらは石垣島。

2017414kujaku.jpg

いきなりガードレールの横に艶やかな鳥が出てきてビックリ!
野生化したこのインドクジャクは竹富町内の観光業者が観賞用として持ち込んだものが、篭脱けして繁殖してしまったもののよう。
要注意外来生物として駆除されているらしいです。



2017414kiji.jpg




2017414iriomote.jpg

西表島は午前中は雨で残念な日になりました。
それでも珍しい鳥たちを見ることができました。
センターの方から、どんな鳥が今見られるか話を聞きました。見たい鳥は一日違いでいなくなったようですorz
西表、最高でした、もう一回行きたくてしかたないです~


そそ、曲の話なのですが。
今はタイトルのわからない曲は検索で調べることができますよね。
歌詞の一節などでもわかれば見つけやすいです。あやふやな記憶でも見つけられることも多いですが・・・

先日、洋楽で曲は浮かぶのにタイトルもアーティストもわからない、歌詞もわからないという曲がありました。
どうやったら調べられるだろう?と思ったら、便利なアプリがありました(^^)(今更かな?)
私が使ってみたのは「SoundHound」というものです。歌って音楽検索ができるのです。
一人なのにスマホに向って歌うのは恥ずかしかったですが・・・一発で出ました!
(知りたかったのはcardigansの曲。Lovefoolではありません。cardigansは好きなのになぜ出なかったか・・・ド忘れ。年を感じる・・・)

今は何を調べるのも可能なんだなぁ・・・


腎臓がん | コメント(8)

あら不思議。旅の効き目?

2017/04/08 Sat 15:13

3日の夜に無事に帰ってきたのですが、余韻が残り、楽しみなことが終わった~!の虚脱感で、画像も手をつけていませんでした(^^;
生きもの好きな私たちには石垣、西表島は面白すぎる島で、もう一度行くぞ!と考えているところです。

スケジュール的には
一日目 本島(着いたのは15時過ぎで、夕方まで干潟で鳥見)
二日目 本島で午前中にホエールウォッチング。その後干潟、沼で鳥見。そして夕方の便で石垣島へ。
三日目 石垣島から高速船で西表島へ。夕方の便で石垣島へ戻る。
四日目 石垣島で一日鳥見。
五日目 午前中は石垣島で鳥見。その後帰宅(羽田で雷雨のため遅れが出て、家に着いたのは22時近く)


初日、本島でみたハゼ。
ひょいっ!と穴の下に潜る姿が可愛かったです。他には片方のハサミの大きなカニなどもいました。
鳥たちはもちろん、たくさん見ることができました^^
2017408haze1.jpg


↓このような木道を歩きながら探します。
2017408nokudou.jpg
鳥たちは枝や行き着いた先の干潟、ハゼやカニなどは下の泥地で。



石垣では、真紅の花デイゴが見ごろでした。(沖縄の県花)
2017408deigo.jpg
ハマーはこの花絡みのメジロを撮れたのですが、私のときはカラス・・・
(しかし沖縄のカラスは普通のハシブトとはちょっと違う)


石垣、西表島で撮ったショットはすごい数ですが、今回少しだけ。

「カンムリワシ成鳥」
全長は53㎝、翼を広げると110㎝ 絶滅危惧種ⅠA類 国の特別天然記念物

2017408kanmuri1.jpg
最初は西表島の入ってからすぐに見ることができました。
背景は雨で足の下の白いのは牧草ロールのカバーです。
午前中は雨降りでガックリでしたが、午後から曇りに変わりました。


同じくカンムリワシの、こちらは幼鳥。
2017408kanmuri2.jpg

幼鳥のときは白い羽で綺麗です。そしてあまり人を警戒しません。
これは石垣の浄水場そば。前日通ったとき、このあたりは野鳥が出る、とアタリをつけていたらドンピシャだった(^^)



hana.jpg
風景など~



2017408umi4.jpg




2017408umi2.jpg




2017408isigaki1.jpg





ホテルの部屋の窓からの景色。
2017408umi3.jpg



同じく部屋の窓から夕日を撮影。
2017408isigaki2.jpg



帰りの羽田で、突然の雷雨で出発が遅れているとアナウンスが流れ、約30分後の離陸となりました。
そのせいなのか(関係ないのか?)、なんと帰りの便はSTAR WARSのC-3PO仕様(^^)
機内に入るとテーマ曲が流れていて、ヘッドレスカバーもSTAR WARS♪
紙コップやヘッドレスカバーは、ハマーがCAさんに言って新しいのをもらってくれました(^^;

2017406starwars.jpg

ぐらのら。さんのブログで、記事を拝見して、いいなぁと思っていましたが、まさか搭乗できるなんて!、でした。(ぐらのら。さん、リンク貼らせていただきましたm(__)m)
残念だったのは、時刻が19時半過ぎだったので、暗くて機体の写真は撮れなかったことです(´д`)
飛行機撮影も好きなので、新千歳へ行って撮ってみたい気も。

あ、食べ物は宿泊のホテルは朝夕食ともバイキング(大抵これですよね)、昼食は時間がもったいないのでその辺で、なことで、やはり全然撮らなかった
那覇の夜に行った居酒屋の料理を撮っておけば良かったなぁ・・(“家庭の味”となっていて、とても美味しかった)

タイトルの「あら不思議」は、沖縄に行ったときから、全く腹痛がなくなったことなんです。
やはりときどきある腹痛、主治医からは副作用の一つか、もともとある(過敏性腸症候群)ものだからね~、と言われています。
それが帰ってきた今になっても、まったくないのです。
腸は精神的なものと結びつくので、病気のことなど全く考えず、鳥や生きものを見る撮る楽しむ、ができたあの日々が良かったのかな。
日常も病気のこと以外に目を向けているほうがいいのかな、と思ったりします。
観光だけなら何度も沖縄へとは思わないと思うのですが、自然や生きものは本当に魅力的で、またすぐにでも行きたいです。(今度は西表島をもっとゆっくり。とは言いつつ、もちろんすぐになんか無理ですw)


長々な記事を見てくださってありがとうございましたm(__)m



遠出 | コメント(14)

新記事としては久しぶり

2017/03/28 Tue 17:15

お久しぶりです。(そうかな・・?(^^;)

沖縄へ行くことを早くに言ってしまい、忘れられていると思いますが(;^_^A
30日に出発、4月3日に帰ってきます。
何だか天気がイマイチのようで・・・収穫は期待できないかもしれませんが、楽しんでこれたらと思っています。
その前に明日は診察日。多分いつもと同じように診察して終わりと思います。

前回の沖縄もそうだったのですが、鳥や生きもの目当ての私達が行くところは観光とは言えない、湿地地帯や畑が多い地域、干潟、そんな場所ばかりです。
食事などは、食べてから「あら、写真撮るの忘れた」なので、お土産になりそうな写真は少ないかもしれません・・。

旅行中ネットは見ますが、コメントなどを書いたりする時間はないかもしれません、よろしくお願いしますm(__)m

せっかく記事を書いたので、告知だけではちと寂しい。
ハマーの在庫をガサゴソ・・・


郊外の沼で。(2011年)
「オオタカの若が狩りを失敗のシーン」 (ちょっと長いです)


沼地にはたくさんのカモが来ていました。
2017328kamo.jpg



カモたちを眺めていたところ、いきなり猛禽がやって来ました!
オオタカの幼鳥です。すごい旋回をしながら飛んできました。
狙ったのはスズガモ。

2017328kari1.jpg



しかし
2017328kari2.jpg
スズガモはすばやく潜ります。



姿がなくなって「アレ!?」のオオタカ。(ホバリング中)
2017328kari3.jpg



下を探しますがやはり目的の姿はなく。
2017328kari4a.jpg


まだ探しています・・・
2017328kari5a.jpg



おっ、「もう安全か?」と思って出てきたスズガモは、オオタカ若の真下!
2017328kari6.jpg



しかし!
2017328kari7.jpg
またすぐ潜る!



そしてこの後
2017328kari8.jpg
オオタカ若は諦めて沼から撤退。



近くの枝にとまりましたが、ヘコんでいたと思います。
2017328kari9.jpg
まぁ、まだ若だし、これからというところです。



そしてここにはオオタカの成鳥(これは先日私が撮ったものです)

沼のフチに降りてきただけで、沼いっぱいに広がっていたカモたちが、あわただしく移動し、オオタカとの距離をとります。
オオタカはただ水を飲みに来ただけですが、カモたちには怖い存在だとわかります。
2017328kari10.jpg



(拡大)
2017328karu11.jpg
↑いつもの妄想 (しかも遠くてボヤけています




いつもありがとうございますm(__)m




野鳥 | コメント(4)
« Prev | HOME | Next »